北海道ではたらくひとまなぶひと

【プラスチックをリサイクル燃料とする発電事業】
株式会社サニックスエナジー

【プラスチックをリサイクル燃料とする発電事業】 株式会社サニックスエナジー

9年目/ 発電部運転課 主任 草木 聡詞さん
苫小牧市立開成中学校卒
北海道苫小牧工業高校卒

若手から役職者まで意見を出しやすい風通しの良さがこの会社の魅力。若い社員にも責任のある仕事を任せてくれるので仕事の手応えも大きいです。

9年目/ 発電部設備課 主任 佐々木 義人さん
苫小牧市立明野中学卒
北海道苫小牧工業高校卒

廃プラスチックを再資源化した燃料のみを使う発電は設備を運転する苦労も多いもの。ただ、それ以上に計画を達成できた時の喜びはひとしおです。

環境にやさしい、資源循環型のリサイクル発電。

サニックスエナジーの親会社は、昭和50年に環境衛生の会社として生まれたサニックス。平成6年には産業廃棄物処理事業へ進出し、平成12年の電力自由化に伴って、その翌年に新規参入の電力会社として当社は設立されました。私たちは世界初となるプラスチック燃料専焼の発電事業を展開。親会社のサニックス全国15カ所の燃料化工場から送られてくる廃棄物由来のプラスチックのみを燃料に使い、「高効率なリサイクル発電」で作った電気を電力会社などに販売しています。石油から製造された使用済みのプラスチック類を、さらにエネルギーとして回収利用するという資源循環型のリサイクル発電です。北海道の廃プラスチック類も燃料化して発電し、道内の自治体や企業に販売するなど、地産地消の電力供給にも貢献。時代と地域に合ったエネルギーのあり方を常にご提案しています。企業理念「次世代へ快適な環境を」のもと、目指すは高度な専門知識と技術革新、付加価値の高いサービスの開発に努めること。皆さんの新しい視点や感性を、循環型社会への貢献と安全・安定・安心の発電事業に生かしませんか。

企業サイトへ行く
企業サイトへ行く

企業情報


代表者名

龍 俊尚

設立

2001年10月10日

事業内容

プラスチックをリサイクル燃料とする発電

資本金

3億5,000万円

従業員数

50名(2019年8月末現在)

関連会社

株式会社サニックス、株式会社SEウイングズ、株式会社C&R

本社所在地

北海道苫小牧市字弁天504-4

電話番号

0145-26-8811

代表者名 龍 俊尚
設立 2001年10月10日
事業内容 プラスチックをリサイクル燃料とする発電
資本金 3億5,000万円
従業員数 50名(2019年8月末現在)
関連会社 株式会社サニックス、株式会社SEウイングズ、株式会社C&R
本社所在地 北海道苫小牧市字弁天504-4
電話番号 0145-26-8811